RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

桧浴槽
0



    前回まで、壁に突き当たっていました。




    結論からお話すれば、桧浴槽、すんなりと施工できました。



    この写真は施工前です









    この浴槽はいわゆる人工大理石ですが、けっこう古いものです。




    これが、こうなりました









    ヒバのいいにおいが、廊下までします。癒されますね。




    浴槽まわりに、隙間を設けて風とおりを良くするのが一般的な施工ということです









    この浴槽は厚みが5cmあります。




    縁を握るのに丁度良い厚みなのです。




    そして力が入るよう指が引っかかりりやすいように、溝をつくりました。




    人工大理石だと、どうしても10cmくらいになります。ちょっと握りずらい。




    立ち上がりもおおよそ40cm弱。腰もかけられます。



    こういった施工の場合、浴槽との隙間に物が落ちた時に困りますね。




    ですので、排水の流れを良くして、しかも大きなものも流れるように




    施工しました。




    でもやはりこの隙間には網のようなものが、あったほうがいいですね。

     
    | - | 23:45 | - | - | - | - |
    桧浴槽
    0

      桧の浴槽を入れる事になりましたが

      木の浴槽は基本は埋め込む事はしない、置くだけ施工です。

      理由は痛んでしまうから。

      雑菌が繁殖し易い環境は避けて使用するのが一般的です。

      つまり床にポンと置き、一段踏み台があり、どっこいしょと跨いで入るのが普通のこと。

      しかしですね。

      浴室は内寸法が1200×1600という寸法なので、この踏み台を置いてしまうと

      どこで体を洗うの?という状況になります。

      そしてご年齢を考えると、踏み台なしで、大きく跨ぐのは無理だよなぁ・・・

      と壁に突き当たったのでした。

      (床から600mmくらいを跨ぐ事になります。)





       
      | - | 18:18 | - | - | - | - |
      桧浴槽
      0

        お風呂のリフォームが始まりました。

        このお宅は5年前中古のお家を購入された時に、お風呂をなおしましたのです。

        (タイルのお風呂で、なるべく洗面所との段差がでないようにつくりました)

        施主様が仰るには「浴槽が冷たい」との事です。

        (浴室には輻射暖房器具もついています)

        お歳は存知上げませんが、冷えが気になると言う事ですのでなんどかしないといけません。

        既存浴槽は樹脂製。

        特に冷えやすい浴槽でもないのですが・・・悩んでいたら、

        施主様が「木のお風呂だったら冷たくなのでは?」

        聞くと以前のお家で、木のお風呂にリフォームし、暖かくなったと言う事。

        そうか!木の熱伝導率を考えれば、そりゃそうだ!

        なんで思い付かなかったのでしょう。

        今日もまた、施主様に教えられた一日でした・・・



         
        | - | 18:18 | - | - | - | - |
        伊礼智さんのセミナー
        0

          伊礼さんのお家を見た後は、

          工務店、設計事務所 総勢51人のセミナーもありました。







          写真は ヤマイチさんの社長の講演です。

          一番右は今回の住宅を造った、ヤマイチさんの大工さんです。

          頭のよさそうな人でした!


           
          | - | 14:42 | - | - | - | - |
          人気建築家の家
          0


            伊礼智さんは一つ年上の方です。


            洗練された住宅を手がけ、その心地よさ誰からも愛されるデザインで有名な方です。


            そのお家を群馬県まで見にいきました。




            綺麗な建物をつくる、という点ではいくつも共通点がありました。


            ところが世間の評価はそうでなく、私はまだまだ足りていないとなります。


            もちろん有名建築家と地方の一工務店を比べる事自体無理があります。


            しかし彼が提唱する設計と同じ設計のみが良いのかどうか。


            勿論違うものがあって当然と考えます。


            特に自然が持つポテンシャルを引き出すという意味では、視点が違うと思いました。


            細かい事は省きますが・・・


            目に見えるデザインも変わってくるのは当然ですね。



            勉強になった細かい事はありましたが、


            私は私の設計方法で良いのだと再確認した日になったのです。



             
            | - | 11:15 | - | - | - | - |
            安心工務店 5
            0
              全国安心工務店一覧 2015−2016 が発売になります。

              とうぎ建設も紹介されます。編集の方とやりとりをしていますので

              その一部をご紹介します。
               
              • 建ててからも「あんしん」であるために

              アフター点検は1年・3年で実施、さらに全棟完成保証制度に対応しており、どこまでも施主本位の姿勢が見て取れる。

              リフォームにも対応し、新築同様にデザイン性の高い仕事は評定がある。現場管理の段階でビス一本がしっかり施工されているかどうかという点まで「人を信じても仕事を信じるな」を基本とした徹底したチェックも引渡し後の信頼に繋がるものだ。

               
              | - | 23:35 | - | - | - | - |
              安心工務店 4
              0
                全国安心工務店一覧 2015−2016 が発売になります。

                とうぎ建設も紹介されます。編集の方とやりとりをしていますので

                その一部をご紹介します。
                 
                • 家づくりの進め方

                打合せは當木社長が対応。綿密な敷地調査に基づき、自然エネルギーを効率的に利用し設計の力を活かして快適さを実現する。確認チェックリストも活用して引渡しまで隔週の打合せ・報告会を行い、施主の細かい要望を叶える決して急がせない家づくり。契約を優先する会社との違いがよく分かる施主の声がある。

                「社宅に住んでいて同じ時期に家を建てた方たちは2ヶ月ほどでどんどん話を進められ、契約後には変更がきかないと言われそのまま家を建てていました。とうぎさんは6ヶ月、じっくり話を聞いていただき契約後も色々対応していただきました」

                 
                | - | 23:32 | - | - | - | - |
                安心工務店 3
                0
                  全国安心工務店一覧 2015−2016 が発売になります。

                  とうぎ建設も紹介されます。編集の方とやりとりをしていますので

                  その一部をご紹介します。
                   
                  • こんな会社です

                  先代の當木規久雄氏が家づくりを始めたのが昭和30年の事。46年に法人化し、現在は當木裕之氏が代表を勤めている。建設業許可番号は613号であり、一度も途切れず今に至る事は誇りだと言う。「すべては住み手の為に」を理念として行動している会社である。
                   
                  | - | 23:29 | - | - | - | - |
                  安心工務店 2
                  0
                    全国安心工務店一覧 2015−2016 が発売になります。

                    とうぎ建設も紹介されます。編集の方とやりとりをしていますので

                    その一部をご紹介します。
                     
                    • こんな家をつくっています

                    日本の気候風土の合った木造軸工法を採用した同社の住まいは、土台にビバ、柱には桧、梁には米松、主に無垢材を使用する。断熱は羊毛、古紙、グラスウールの充填断熱。内装は漆喰や珪藻土、不繊布の壁紙を用いるなど天然素材にこだわった提案が圧倒的に人気であり、これらを使いパッシブソーラーを軸としたデザインで四季に対応した家づくりを行っている。

                    同社のスローガンは「説明と同意の徹底、確認と信頼、建て主様へ尽くすこと」である。医療の現場で使われる「説明と同意(informed consent)」という言葉だが、「私たちには家づくりの道筋が見えていますが建て主様は違います。知識・情報が対等ではないからこそ、説明はいくらしてもし過ぎる事はない」と當木社長は語る。

                    そして自分の過失や都合の悪い事でも含め隠し事をしない事、必ず確認・報告をする事。これらを常に意識した同社の取組みは、何よりも信頼を重んじ、その為に施主の立場で尽くすという姿勢に結びついているようだ。竣工後も信頼が継続し、オープンハウスなどの協力を惜しまない施主が多いのも、その努力を実らせてきたからこそと言えるだろう。

                     
                    | - | 23:24 | - | - | - | - |
                    安心工務店
                    0
                      全国安心工務店一覧 2015−2016 が発売になります。

                      とうぎ建設も紹介されます。編集の方とやりとりをしていますので

                      その一部をご紹介します。


                      ●工務店からのメッセージ

                      私たちの誇りは、嘘のない仕事をすることです。
                      「嘘のない仕事」とは間違った情報を故意に伝えない事の他に、
                      相談・企画・設計・提案・見積・施工の全てにおいて実直・誠実に遂行することです。

                       

                       
                       
                      | - | 11:20 | - | - | - | - |