RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< この業界がいい加減すぎる! | main | 【裸で実験】全身にカイロを貼って初詣に行ったら寒くないのか!? というyoutube >>
オープンハウスに思う事
0
    先月に伊礼智さんのデザインした家を見に行きました、と書きましたが、その時にメモをしていたものが見つかりましたので記します。

    ここから

    こういった同業者のオープンハウスはどうしても細かい所が気になってしまい、大事な所を見落とさないようにしよう、と後から気がついても後の祭りの場合が多い。


    このツアーは昨年もそうだったが、人が多すぎて我を忘れてしまう。

    伊礼さんの家の心地よさ、誰からも愛されるデザイン(と多く一般には評価されています)を感じたくても、感じる事ができないのはこの熱気と、一生懸命になっている人たちの無礼さ失礼さぶり(もちろん自分も含む)による困惑と憤り。手袋の着用は義務でしたが、鑑識が入ったら指紋が数十人分取れるのではないかな。内履用スリッパで外に出ている人もいた。もし自分が主催する側だったら、心臓を素手で握られるように苦しいに違いない。
    色々な意味で、施工者で見学させてくれたヤマイチさんには敬意を表し、見学者としての粗雑さを恥じます。


    ・・・少し見苦しい事が書いてあるので割愛します

    綺麗な建物をつくる、という点ではいくつも共通点があり、一致している。ところが世間の評価はそうでなく、私はまだまだ足りていないとなる。有名建築家と地方の一工務店を比べる事自体無理がある。しかし彼が提唱する設計と同じ設計のみが良いのかどうか。勿論違うものがあって当然と考えるし、特に自然もつポテンシャルを引き出すという意味では、視点が違うと思った。目に見えるデザインも変わってくるのは当然でしょう。
     
    何をとり得れるか
    薄屋根、低天井、少照明

    とメモしていました。

    がんばろう。


     
    | - | 11:06 | - | - | - | - |