RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< 旭町の家 オープンハウスまであと8日 納得して進める事 | main | 安心工務店 >>
本年も宜しくお願いします
0


    2015年、平成27年になりました。当木建設の當木です。


    昨年に義理の母が亡くなりましたので


    「おめでとうございます」とは言えないのですが、会社の年賀状は作りました。


    「恭賀新年」


    うやうやしく新年の挨拶を申し上げます、という意味になります。


    会社と個人を分ける事で、喪中であっても賀状を作れます。


    どうぞ本年も、当木建設を宜しくお願い申し上げます。




    さて、手持ちメモにこんな事が書いてありました。


    「お客様にする説明・・・ガラス種類を決める打合せ内容」


    家にガラスは必ずあります。そのガラスの種類を決める打合せがあるのですが


    ここでも相応の時間をかけます。


    お客様にとって特殊ですし、普段あまり考えない事ですからね。



    A.視覚的な違いについての説明:光の広がり方、明るさ感の違い


    B.用途の違いについての説明:場所、視界、眺望


    C.温度の違いについての説明:夏用、冬用、東西南北による違い


    簡単にいうと、どんな部屋でどう暮らしたいのか、


    そのためにどんな光が良いのか、


    何が見えたらいいのか、見えないほうがいいのか。


    という事になります。


    これを下のガラスの組み合わせで、実現するわけです。


    透明ガラス or 型ガラス◆


    遮熱ガラス  or  断熱ガラス  or  普通ガラス


    組み合わせとして-,-,-,-,-,- 6通りの組み合わせになります。




    如何でしょうか。


    実際のお打合せでは、実物を見ながら


    コストと相談しながら、


    わかるまで納得して頂きながら、進めます。


    この説明には理由があります。


    「建築的に当然こうなる」だけで家ができれば、打合せは必要ありません。


    そこに住まう施主様によって当然違う意見もあるのです。


    決して面倒な作業ではありません。


    ここまで打合せをしないのは。。。


    それは建築会社側の都合でしょう


    説明が面倒だから。


    打合せをする時間がないから。


    打合せをする人的コストがないから。


    最初から決まっているから。等等



    ガラスの打合せが出来ないのはとてももったいない事です。


    新しい気付きがある筈です。


    だから打合せは楽しいんですよ!












     
    | - | 11:57 | - | - | - | - |