RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< 宿谷先生の話  | main | ながら運転・・・ >>
宿谷先生の話 
0
    引き続き宿谷先生の話です。

    水の持つエネルギーの話。

    20ℓの水が20℃でした。これを30℃にするにはどれだけの
    エネルギーが必要ですか?

    水の持つエネルギー = 比熱×密度×体積×温度差  となり、
    ここで水の

    比熱:1kgの水が1℃上がるのに必要なエネルギー(1kcal=4.186kj/kg℃)
    密度:1000kg/㎥
    体積:0.02㎥
    温度差:30℃ー20℃=10℃
    を計算します。答えは
    837.2KJのエネルギーが必要、ということ。

    ただ計算するのは、難しくないです。
    しかし、宿谷先生は単位が複雑と指摘。
    単位をわかりやすく解説する事になります。


    単位は次の二つのカテゴリーに分けられるとします。

    内包量=つまり具合の量
    外延量=足し算引き算できる量

    内包量について
    密度というのは1㎥のなかにどれくらい詰まっているのかという事
    密度が小さいものはあまり詰まっていない。
    比熱もそう。1kgの重さの物があってそれが1℃上がるのに、
    どれくらいの熱エネルギーを入れなければいけないか、という事。

    外延量とは足し算引き算ができる量。体積は足し算できます。
    重さも足し算できます。この部屋の空気が100㎥、隣部屋の空気が
    50㎥だったら足して150㎥になります。お金も足し算できます。

    しかし1KGあたり1000円のジャガイモと500円のジャガイモは、
    足すと1500円のジャガイモになるかというと、どこか可笑しい。
    これは1500円/KGという表現になるから。これは1kgあたり1000円
    のジャガイモを内包しているからです。

    温度も内包量。この部屋の温度が20℃、隣の部屋の温度が20℃だっ
    た。足して40℃・・・おかしいですね。温度は℃という単位で
    割り算が含まれていません。けれども内包量だと考えれば、納得で
    きますね。

    ここから先日の割り算の話につながります。

    う〜ん、わかりますか?
    メモすると難しくなりますね  ^^;)


    | 勉強 | 16:45 | - | - | - | - |