RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< 象の鼻について少し・・・ | main | 住み手本位の家づくりとは何か >>
象の鼻について少し・・・ 照明計画
0


    frognavelさんの写真です。
    きれいですね〜僕じゃ絶対にこんな風に撮れません^^;


    象の鼻パークの照明は全体的に暗めだけれど、公園として自由に歩くに危なくはない、といった暗さ。
    光源はほとんど足元にあり顔を照らさないような工夫があります。
    照明デザイナーの東海林氏が設計しました。

    この計画の大きな風景全体を囲む、光のサークルは設計者小泉のアイデア。
    (上の写真がそうです)
    全体像からこの形を得たと言う事だけれど、象の鼻を象徴するギミックであることは間違いない。

    これはコールドカソードランプ(CCL)という消費電力が大変少ないランプを使っています。
    ネオン菅の原理を使った器具ということで、LEDが18lm/wに対しCCLは57lm/wという高効率。しかも寿命もLEDと同じ4万時間ということ。う〜んすごい、これが安くなってくれればなぁ・・・

    | 勉強 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://shachou.sikisizen.jp/trackback/1039910