RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< 4/24見学会の家 モイス、セルロース以外の特徴 | main | 象の鼻について少し・・・ 照明計画 >>
象の鼻について少し・・・
0

    象の鼻先端部分です。正面に神奈川県警、左には横浜税関の塔(クイーン)が。真ん中の黒い塊は同行した犬です(笑


    象の鼻パークの象の鼻部分を平面形でみると、象の鼻部分東北側(海側)に凹んだ部分があります。ここには関東大震災で沈んだ初代象の鼻の石が、発見された当時の位置で再現してありました。
    当時石は真鶴の小松石を使っていて、それが今回の工事で大量に出てきたというのです(今回新しくできた象の鼻パークの石は中国産だけど)また、象の鼻の南側(陸側)に横浜3塔が同時に見える場所があります。横浜3塔・・・ご存知ですか?

    今となっては周りにビルが建ち目立ちにくくなってしまいましたが、この3塔が建った当時は他に目立つ物はなく、横浜港に入港してくる船の目印になっていたそうです。塔の愛称は、入港する船の外国人船員達がトランプのカードに例えて名づけたと言われているらしいですが、ほんとかな。


    そこがわざわざタイル貼りになり足の位置までスタンプして見えるように考慮している。なんだかなぁ〜・・・湾海底のヘドロは1mほど取り替えたので魚がすむようになり、成長しているとの事です。
    | 勉強 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://shachou.sikisizen.jp/trackback/1039461