RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< 見学会の現場です:階段手すり | main | 4/24 横浜川崎見学会●施主様の要望を、どう取り入れたかを説明します >>
毎日スイートルーム
0
    コンセプトのひとつ「毎日スイートルーム」を小冊子にまとめています。簡単に、わかりやすくをモットーにしています。
    解りづらかったら、遠慮なくコメントください。m(_ _)m




    はじめに

    この小冊子では、家を造るにあたり「ちょっとの違い」で綺麗な家になる事について説明します。詳細な違いが綺麗な部屋をつくり、そこで暮らす事ができるので“毎日スイートルーム”と名付けました。けっして大袈裟でない表現です。

    17歳の時に神戸に遊びに行き、その時にセールされていた洋書、そこにtadao.andoの家が。33年も前からすでに活躍されていた事を当時の私は知りませんでした。この洋書はセールでも当時5000円もしましたが、あまりにも綺麗なので購入し、その後この本は建築美の私的規範のルーツになりました。

    20代にハウスメーカーに勤めていた頃、住宅雑誌をながめ、勤めていた会社の造る家と設計事務所の造る家の違いは何だろう・・・と漠然と思います。志が高い先輩は設計事務所を立ち上げます。それがきっかけで綺麗な建物を研究し始めました。

    その頃特に影響を受けたのが内井昭蔵さんでした。住宅においても彼の作った建物の整い方は素晴らしく、心打たれました。その後ハウスメーカーを退社し、実際に大工を経験しその経験を活かし設計も始めます。しかし足りない物は足りません。片っ端から横浜・都内の建物を研究しました。

    建築プロの友人も増え、色々な建物に出会い、触り、見て自分の方向性が決まります。工務店付きの設計事務所故、造った建物は少ないけれど綺麗なものは造れていると思います。雑誌にも多数掲載された事も客観的な証明と考えます。家を造るのですから「毎日スイートルーム」をお勧めします!



    | 常々考えていること | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://shachou.sikisizen.jp/trackback/1037056