RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< 見学会のお知らせです | main | 何か自慢していいよ?って言われたら >>
関東大震災と神奈川 興味のある質問 60年周期について
0
    講演が終わったあとに、大変興味深い質問がでました。それをノートに書き記したものです。

    武村さんのお話を一生懸命メモしたものです、一部表現がおかしかったりしているかもしれませんが、貴重なお話です。

    質問:
    大地震は60年の周期でくると言われています。しかし今現在関東地震から87年経ちました。60年周期について教えてください。

    回答:
    地震の周期というものを考える時に、特定の人が何年に一回強い揺れに当たるか、というのが住んでいる人にとって大切な周期。しかし、その人が感じる地震は色々な場所で起こっている地震の可能性がある。

    同じ震源が何年に一回繰り返すかという話と、そこに住んでいる人が何年に一回強い地震を感じるかという話は違うという事を整理しなければいけない。

    60年周期説というのは、東京で過去に強い揺れを感じた地震を並べて、だいたい60年に一回くらいだったね、という話。川角博という方がその話をしたが、かなり意図的だった。当時の東京が地震に対して対策をしなかったので、60年周期説を出した。

    地震学的に意味があるかないか、わからない数字。それでは関東大震災の周期はどうか。震源の部分(神奈川〜房総の南にかけて)で、はっきり解っているのは関東大震災1923年と、元禄の大地震1703年の地震。しかしその前の地震の年ははっきりわかっていない。大正の大地震と元禄がの大地震がだいたい200年間隔だったので、だいたい200年に一回かなという話がある。

    以上ですが、この話に続き「首都圏直下地震説」になります。次回はそれをまとめてこのブログでご紹介します。
    | 勉強 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://shachou.sikisizen.jp/trackback/1035507