RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

<< 関東大震災と神奈川 吉田初三郎の描いた関東大震災 | main | 自然エネルギーの活用-1 >>
犬と考え犬と思う
0
    毎夕方は犬の散歩に出るのが日課となっています。雨でも小雨なら犬も楽しそう。桜が満開なのに人が少ないのは雨が降っているから。そう考えると雨もわるいものではない。

    少し薄暗い木立ちの中に立つ。葉も何もない枝に突然花がつき、それもすぐに落ちてしまい、次に明るい緑色の葉が現れる。

    人の間では色々な事があっても、自然界のこの事象は毎年繰り替えされ、人の間での事はつまらない事だと気がつきます。
    冬の間に準備をし大きな幹に小さな花が咲き、冷たい雨が降り強い風が吹きじっと耐えても、耐えてもすぐに落ちてしまうところが、はかなさや憂いを感じるのでしょう。

    一枚また一枚と落ちる桜の花びらを眺めていると、犬も座って眺めています。不思議。犬と落ち着いて桜を眺めるなんて。そんな事って珍しいのです。
    | 常々考えていること | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://shachou.sikisizen.jp/trackback/1035089