RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

素敵な事
0






    先日オープンハウスしました、東有馬の家のお引渡しが完了しました。ありがとうございます!

    小一時間程の作業です。

    そのときに、先日のオープンハウスで撮影した写真を施主様から頂きました。

    とても素敵な事だと思います!

    東有馬の施主様、お世話になり大変ありがとうございました。これから長いお付き合いになりますが、どうぞ宜しくお願いします。



    | オープンハウスについて | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    施主様と記念撮影!!
    0

      オープンハウス終了後、施主様家族とスタッフでパチッ!!

      写真は24日のブログに添付しました。

      | オープンハウスについて | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      4/24見学会の家 モイス、セルロース以外の特徴
      0

        東有馬の家の特徴

        ○深夜電力利用の蓄熱暖房器具について
        中にレンガが入っており、それを深夜電力で暖める事により暖房として使用する。モーターは使用しない。操作が季節の変わり目だけである。寒くなったらブレーカーを上げる、暖かくなったらブレーカーを下げるという操作のみで後はメーター部のタイマーが自動で入り切りしてくれる。
        デロンギ等のオイルヒーターは空気が温まり対流によって部屋を暖房するが、レンガ蓄熱の場合は対流に加え遠赤外線を発するので、離れた所でも暖かくなる。(弊社施工実績では「打越の家」で使用、1階のリビングは奥行き11mだけれども暖房は24型ひとつだけ)

        ○階段について
        図書室には書棚が必要、しかしスペースがあまりない、という状況での発想。実際に四角い物を積み重ねて形をつくるのは、現場工作精度の限界を考えると難しい。そして今回は5面が全て見えてしまう(見えない部分は床面のみ)という作業。HMの家にみられる既製品を取り付けるだけ、という今の木工技術からすると難しい。

        ○階段手すりについて
        棒鋼を手作業にて製作した施主支給・施主施工の手すり (以下、當木の感想)図書室とのスクリーンは2分割に吹き抜け側の手すりは3分割になっているが、その接合面も美しくデザインされている。手摺・スクリーンは硬さ重さともに木と比較すると大きいけれど、階段の木部に着いているのが不自然でない、木部が活かされている軽快さがある。「鉄」なのに温かみさえ感じる。

        ○庇について
        庇を深くは当初の依頼内容。
        庇を深くするメリットは、建物に雨がかかりづらくなる事、泥はねで建物の汚れが減る事、真南方向の夏の日差しを防ぐ。(西日と東の朝日はあまり防げない)

        ○LOW-Eガラスについて
        南面の大開口からの熱損失が予想される。
        LOW-Eガラスはペアガラスの表面に金属膜が施されているけれど、その向きにより「遮熱型」「高断熱型」があり、特に熱を逃がしたくない南面に「高断熱型」二階の西日が入るガラスに「遮熱型」を使用した。

        ○平面形について
        敷地東南が大きく隅切りされているので、ここに平行して計画したら台形の平面形になった。のではなく、真南方向に窓を取ると考えた時に自然とこの形になった。真南向きの窓は冬に奥深くまで、この家の場合は窓より5.6mまで奥に陽が入り床を暖める。夏は太陽高度が78度になるため60cmの陽の入りになり、庇が80cmあるため実際には真夏の南中時には陽が入らない。

        | オープンハウスについて | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        4/24 横浜川崎見学会●施主様の要望を、どう取り入れたかを説明します
        0
          施主様の要望を、どう取り入れたかを説明します

          子供や家族が一緒に読書・勉強をするスペースが欲しいという問いを受け、まず伊勢原高森台の家を見て頂きました。北に向いた長いカウンターでは、本棚がリビングとの間仕切りになり子供さんが見え隠れするようになっています。
          視覚的にも落ち着ついたスペースとして、魅力的な図書室ができました。

          ●なるべく石油化学系のものを使いたくない。ビニールクロスも外断熱に使うウレタンボードも使いたくないという、環境に良い物を使いたいという要望に内装壁・天井にモイス、断熱にセルロースファイバーという組み合わせが実現しました。モイスは天然材料(バーミッキュライト)を主成分とした調湿・消臭・有害物質を分解する等の機能壁で浴室以外の全ての壁に施工。セルロースファイバーは振動・経年により隙間のできる事のない麻入りで最高密度の60kgを使用し、快適な環境をつくりだします。

          自然エネルギーを有効利用した家に、というご希望に、真南向きの陽を取り入れる大きな窓を設置しました。真冬には家の中央以上まで陽が入り、夏はほとんど入らないという、理想的な窓を設置しました。敷地は方位が45度もずれていますので普通に考えると無理ですが解決しました。他にも風の取り入れ方法も工夫されています。
          | オープンハウスについて | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          見学会の現場です:階段手すり
          0

            画像が悪くてすみません。



            階段に施主支給のアイアン手摺を取り付けています。
            まるで生き物の様な迫力、手作りの良さが。
            アイアンなのに暖かい感触。この家のアイコンになりましたね。

            階段そのものは全て収納になっています。向こう側は本棚、手前は物いれ、背面は情報ボックス(光ケーブルが入り・テレビ・電話・インターネット・光モデム等がはいります)で360°使えるように工夫があります。
            | オープンハウスについて | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            4月24日に開催する見学会のエピソード
            0
              こんな事がありました。

              セルロースファイバーのお家です。
              セルロースファイバーは、ちゃんと工程を組むと3回になります。

              1回目:床の施工
              2回目:壁の施工
              3回目:天井の施工

              2回目の壁の施工の時です。セルロースファイバー施工職人が、
              「電気の配線工事も全て終わってますから、天井も一緒に施工します。何も問題ありませんから。」
              たしかに「段取り」としては天井野縁も終わっているし、何も問題がないように見える。天井まで一気に終わらせてしまえば、その分工期の短縮にもなりありがたい。

              しかし

              ●壁だけの施工の予定だったけれど、ここで変更してしまって良いのか?
              ●本日ただ今現場にて決定し、想定外の事はおこらないだろうか?

              以上の理由で職人からの申し出は「却下」しました。

              計画を職人の都合で変えてはいけないし、万が一にでも品質に問題がある事は許されないからです。たとえそこを直したとしても、です。



              | オープンハウスについて | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              4月24日に開催する見学会 完成住宅の特徴
              0


                4月24日に開催する見学会の完成住宅の特徴をひとつ。浴室以外の内装壁を全てモイスにて仕上げました。

                モイスのホームページはこちら→http://www.moiss.jp/index.php

                優れた調湿作用、有害物質の分解。9.5mmの板状のモイスを貼るだけです。1枚の単価は高いけれど、浴室以外の全ての壁(居室・台所・納戸・トイレ・洗面脱衣室・ホール・玄関・玄関納戸・図書室)に使用したのです。それによって全ての部屋が高機能の壁になりました。

                そして、モイスの調湿作用をさらに高める工夫があります。セルロースファイバーを使用する事により、セルロースファイバーの調湿作用とモイスの調湿作用が同調し、自然な環境を自然と作り出します。住み心地は如何に!? 
                自分の勘では「かなりイイ」筈です!!

                | オープンハウスについて | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                見学会のお知らせです
                0
                  神奈川県川崎市東有馬の家が完成します。
                  見学会は4/24(土)の予定です。
                  こちらから「オープンハウス予定 3/31new!」に進んでください
                  僕たちは施主様に正直に、隠し事をせず、誠実に家づくりをしています。こうやって言い切れる事は僕たちの家づくりの誇りですが、当たり前すぎる事でもありますね・・・しかしほとんどの会社はできていない。「お客様を第一に考える」と言っても、現場では利益最優先で職人まかせになっている事が多い。

                  そうではない家づくり、それは施主様が一番よく知っています。
                  そんな話を施主様からもして頂きます。興味がある方は是非ご連絡し来てください。

                  | オープンハウスについて | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  六ッ川の家のオープンハウス、無事終了しました。
                  0
                    19年6月30日、六つ川の家のオープンハウスを行いました。

                    オープンハウスは2部構成になっており1時から2時が第一部、2時から3時が第二部です。一部は私の家づくりにおける考えをまとめた小冊子「家づくりの思いがけないヒント」をテキストにお話をさせて頂き、二部は施主様に家づくりの発端から設計中・工事中、1年間過ごしてのお話を頂きます。

                    施主様にはご苦労もあったと思うのですが、ご主人様・奥様共丁寧にお話頂き、良いお話で私も感動しました。お話の詳細はホームページに掲載しますのでごらんください。おすすめです。

                    今回はOBの方々も含め来場者が21名、施主様とスタッフを含めると29名と大人数でしたが、終始なごやかに良い雰囲気の中で行われました。普段はこんな大人数にはなりません。今回は30名でもワンフロアー車座に収まるお家だったのですが、もう少し少人数のほうが良いかな?と考えています。

                    六ッ川のA様良い家を造って頂いて、感謝してます!この度はありがとうございました。
                    | オープンハウスについて | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2007/6 次回のオープンハウスについて
                    0
                      次回のオープンハウスは、いつもの当社のテイストと少し違った家が見れます。ヽ按イ蠱杷工法:これは珍しい事ではないですね。⊂臆蔀瀁温風暖房:北欧の暖房システムを取り入れています。自然素材の多用:これも珍しいことではないですね。

                      「少し違った」というのは内部の仕上げ方です。床は無垢床・フローリングと木質系が多いのですが今度のお家は絨毯とタイルを使っています。これがピカピカ光らなくてとても目に優しい。壁・天井に珪藻土粗し仕上げを施してあります。漆喰風や土壁風の仕上げが多いなか「雷おこし」のようなザラツキのあり奥行き感・厚み感のある仕上げで、これは素敵です。普段は天井に杉の無垢の板を使う事が多いのですが、よりモダンを強調したくこうしました。

                      自然素材を内装にいち早く取り入れた当社ですが、使い方によるととても野暮ったくなってしまいますね。自然素材でモダンな家というのが私の好みなのです。写真ではつるんとした感じに見えますが、実際の手触りや空気感は設計者の私が言うのもなんですが素晴らしいです。

                      少し雰囲気の違う「六ッ川の家」引越しなさって約10ヶ月という住まい方見学会なので人数が限られます、前回予定が立たず来られなかった方も、今回始めての方も是非お早めに予約なさってください。
                      | オープンハウスについて | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |