RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

何か自慢していいよ?って言われたら
0



    迷いなく「お客様の満足度」と応えます。

    こちらにはお客さまに、書いてくださいとお願いした推薦の言葉が

    こちらには、お客様から頂いたお手紙や、オープンハウスでのお話がたくさんあります。

    80%以上の方からありがたいお言葉を頂けます。
    ありがたやありがたやm(_ _)m



    | 施主訪問について思う事 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    建物の紹介 荏田東の家
    0
      造らさせて頂いた建物の紹介シリーズ

      今日は「荏田東の家」を紹介します。

      荏田東の家 ←クリック!
      オープンハウスでのお話  ←クリック!!
      推薦の言葉  ←クリック!!


      美しい環境の中にある一戸建て。荏田東周辺は新しい分譲地で周囲も新しい家、そして通り一片でない良い※1建物が多い。

      この家はコンセプトに特徴があります。それは「年月を重ねると共に美しくなる家」ということ。いいですね、大人の考えです。とかく「お掃除が楽な家」「何年経っても綺麗な家」などと「変化しない」ことをリクエストされますが、それは不自然な事なんです。

      年が経つにつれ、ペンキが剥がれるのが困る。ならばペンキを塗らないで良い材料を使いましょう。年が経つにつれ、黄ばむ壁はどうかな。ならば黄ばまない壁にしましょう。年が経つにつれ、劣化していく様はさびしい物です。だから年が経つにつれ味わいが増すものを使いましょう。こんなコンセプト、素敵じゃないですか?

      「なぐり」の壁。玄関を入って真正面すぐに目に留まります。無垢の板をちょうなでザクザクと剥ぎ取る。荒々しいようだけど、照明の効果とあいまって実に情緒がある壁です。この「なぐり」で建具も作ってあります。

      パッと目にはわからない秘密の建具。設計当初施主からこれの採用を検討するように言われた時は、ちょっとうるさいかな?と感じたけれど、荏田東の家を再訪するたびに「いいもんだな・・・」と思う。建主さまからのリクエストにより、色々教わるのは昔も今も変わらす、です。

      | 施主訪問について思う事 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      訪問 星川の家
      0
        先日星川の家を訪問しました。このお家は施主様が大変苦労されて造られた大作です。施主様のプライベートな所をここで書くわけにはいかないけれど、タフなハートを持ったご夫婦で正直「自分だったら折れちゃうかも・・・」と考えてしまう程大変な事でした。

        「びっくりしました」というのは間取りに対する施主様の感想、とてつもなく変な物を持っていった訳ではなく、最大限良く解釈して良いところです。(だと思いたいです)2階で多くの時間を過ごすようにつくったのだけれど、大きなpcカウンターがちゃんと当初の計画とおりに使われていて嬉しかった。このお家に引っ越されてから家に居る時間が長くなったという事、ご主人様の趣味が増えた事など嬉しい報告を受けました。

        こちらの施主様(ご夫婦共詳しいのです)には当社のコンピューター運営の悩みをいつも聞いてくれています。今回もホームページやブログの事で相談させて頂き、きっとこれからも当社の影のSEとして活躍していただきそうな予感。。。。それでいいんでしょうか。きっとそうなる流れだったと勝手に解釈しているのですが。勝手ですみません。これからも宜しくお願いします。
        | 施主訪問について思う事 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        お呼ばれ 荏田東の家
        0
          4/30に荏田東の施主様に声を掛けて頂き、大工の瀬和さん二人と當木、當木妻とでお邪魔しました。この御家のコンセプトは西側にある緑地帯との一体化という、私のコンセプトと逆をいくプランを要求されたのです。それをどう解釈しどう解決したかはとても長くなるのでここでは割愛しますが、とても長く濃い打ち合わせが続きこの家ができたのです。

          とても静かな環境・西に見える緑地帯・音も無く沈んでゆく太陽・・・色々な環境を取り込み四季を感じながら過ごせる、叙情いっぱいの、あーうちの子供もこんな所で育てたいな、良い家だなっと思う家です。私の設計は自分のエゴでなく施主様にすごく合っていると確認できた一日であり、おそらく家の持つ価値として派手さはないけれど多くの人に共感されるような家づくりが出来たと思う。施主様のお顔を拝見して良かったと思い、こんな大変な仕事を任せて頂けた施主様に感謝しました。

          お料理がとてもヘルシーで手料理感いっぱいで沢山で美味しく食後のアイスも大人っぽく◎だったこと、ご主人の10年ぶりというスモークチーズとビーフそして広島焼には飲み物がとても進んだ事。お腹いっぱいになりました。夕日を見ながらお風呂を。。。とご主人様が用意してくれたお風呂に入らなかった事が残念といえば残念でした。
          | 施主訪問について思う事 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          お呼ばれ 桜山の家
          0
            4/1の日曜日、桜満開のところに斉藤さん三井さんと當木家族4人がお邪魔しました。(さすがにピーコは遠慮しました)昼から5時間も皆でお邪魔。そうこうしているうちに桜山施主奥様のご両親様もこられて、大宴会。パワフルなお父様とお母様とは上棟式依頼でした、とても家族的な一日。

            施主様の新しいキッチンで頂く手料理は絶品、奥様がちょっとパティシエ(ご主人様談)で工夫がこらしてあってお人柄の伺えるお料理でした。う〜ん毎日遊びに行きたい!

            私達當木が家族4人で伺ったのは子供たちに私達夫婦の仕事を見せたい、施主様を幸せにすることが両親の仕事なのだ、こんなに良い仕事をしているんだ、ということを教えたかったからです。普段は仕事の事でぶつかりあっている両親を子供たちは見ています、そんな両親は「何のために」仕事をしているのか見てもらいたかったからなのです。子供たちの感想は「楽しかった」でした。特に食後のデザートでは施主様の奥様と作業ができ、良い思いでになったかと思います。Y様、本当に社員家族共々お世話になりました。ありがとうございました。
            | 施主訪問について思う事 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            雑誌の撮影
            0
              昨日、相模原のM様宅の雑誌取材があった。ニューハウスさんの6月号(4月下旬発売)に掲載されるので覚えていれば見て頂きたい。朝10時〜昼12時頃で完了し、その後M様よりお昼をご馳走になった。これが近くのフレンチのお弁当で竣工の時にはお店でご馳走になったのだけど、こんなお弁当食べた事が無い位(表現が稚拙ではずかしいです)美味しい。いつもありがとうございます。M様にはお打合せの度にお昼をご馳走になり、奥様ご主人様には大変お世話になりました。お二人共とても優しいお人柄でずいぶんと助けられたものです。

              撮影にはニューハウスの担当の方、カメラマンの方、ライターの女性が来られ、手際よく進んだ。なにはともあれ雑誌に掲載されるという事は一つの目標なので大変嬉しい事だ。
              | 施主訪問について思う事 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              お呼ばれ
              0
                昨日、築3年のK様に弊社斉藤と横田大工さん、佐藤大工さん4人でお呼ばれした。このお宅では一年点検でも「ホウレン草大鍋パーティー」に呼ばれたが今回はちゃんこ大パーティーだった。K様とはお打合せの度、最後に必ずビールを出して頂いていつも午前様になった想い出がある。9人の大家族で仲良く住まわれているのは尊敬に値すると思えるし、羨ましくもあります。こういう機会があるとしみじみと「良い仕事をして良かった」と思う。たくさんご馳走になり沢山お話しし気が付いたら6時間経過。。。。長居してしまってすみません、本日は本当にありがとうございました。
                | 施主訪問について思う事 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                初心に帰る日
                0
                  瓦を一枚一枚さわってチェックし、雨どいの外れがないかゲンノウの柄でコツコツたたいて屋根を歩く。屋根に梯子を掛けるのも家によって難易度が全く違う。自分で設計しながらああ、もうちょっと梯子が掛かり易くすればよかったなぁ・・・とも思うことしばしば。

                  道具箱訪問では基本のドアのチェック。日常よく動かす場所なのでビス等が緩み易いところなのだ。自分の手でトルクを調整しながら締めてみる。ん、これなら大丈夫だ。手加減は機械ではできないし、判る術もない。言葉で説明できない微妙なニュアンスというものがある。若い職人達よ、電動工具ばかりに頼るなよ!

                  道具箱訪問は基本的にはお客様への還元と考えているので、よっぽどの事がないと無料だ。しかしお客様は無料ということよりも、訪問すること自体を歓迎し喜んで頂いているようだ。そしてお客様の笑顔が何よりもの励みになる。
                  | 施主訪問について思う事 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ITが普及しても・・・
                  0
                    道具箱訪問で懐かしい顧客の顔・懐かしい家をみると、なぜか嬉しい。「ご無沙汰してます、お元気でしたか?」お客様の顔を拝見するとホッとする。

                    メールやインターネットが普及する現代でも、こうした現実の膝を付き合わせたやりとりは、より大事になり、足を運ぶ価値があるというものだ。
                    | 施主訪問について思う事 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    道具箱訪問
                    0
                      父の時から数えるとこの会社は54年になる。ようやく道具箱訪問をする契機がきた。はたして400を超える顧客の道具箱訪問はできるのだろうか。

                      | 施主訪問について思う事 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |