RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

今しかできない事を、今やりましょう

四季自然建築アトリエ とうぎ建設・・・社長ブログ

大町の家
0
     
    大町の家 オープンハウス
     
    大町の家が完成しました。施主様のご厚意により、
    お引渡し前にオープンハウスという形で見て頂く事ができます。

    住宅展示場というPR方法を持たない私達にとって、
    実際のお家を見て頂ける、とてもとても大切な機会です。

    大切に造ったお家を、使う前に見せて頂ける事。
    施主様のご厚意に心より感謝申し上げます。
     
     □手袋・スリッパの着用をお願いします
     □かばん等は前にかかえてお持ちください
     □飲食は、お家の外でお願いします。
     □体調がすぐれない方は、すぐに対応いたします。
     □今まで誰も使っていないトイレです。トイレはできたら駅改札外のトイレ、コンビニのトイレをお使いください。
     □エアコンの取付前です。涼しい服装でいらしてください。

    スケジュール
     
    10:30より説明が始まります。お聞き逃しの無い様お願いします
    10:20   開場           
    10:30   あいさつ 
             注意事項の説明
             施主様の紹介
             来場者様の紹介
             とうぎ建設スタッフの紹介
             施主様のお話      親世帯様
             施主様のお話      子世帯様
             とうぎより このお家について
             自由にご見学ください
             ※お帰りの際はスタッフにお声を掛けてください
    12:00   閉館      お掃除を始めます。ご協力お願いします。


    < 大町の家 >
    敷地は鎌倉駅より徒歩7分の閑静な住宅街にあります。敷地の前には川があり、川に沿って道路が造られており、川にはガードレールがない、鎌倉にはよくある風景です。水源は大町7丁目あたりらしく、大町2丁目までおそらく2kmくらい。施主様はこの土地で長く過ごされており、「夜はエアコンを運転させた事がない」という言葉が設計のヒントになりました。
    川の流れはおだやかですが、ひとたび大雨になると道路にあふれ出すという一面もあります。しかし、「川の通り道は風の通り道」でもある事、そして川の流れにより空気が冷やされ、その空気を取り込む事により涼を得る、という暮らしを施主様は慣習としてました。その慣習を建築的に取り入れ、夏の暑さ対策としたお家です。

     
    | - | 09:05 | - | - | - | - |
    80kg
    0



      建築の話ではありません。。。



      昨夜、ベンチプレスで80kgが上がりました。



      20代の頃には、上がっていた重さだったのですが、



      ペンチプレスを始めてから2年くらい、79kgまではいくのですが、80kgが壁。



      20代の頃にはなかった、怪我もたくさんします。しかし



      コツコツやっていれば、なんとかなるものなのですね!!




       
      | - | 08:38 | - | - | - | - |
      安心家づくり支援制度の研修
      0



        安心家づくり支援制度の研修が終了しました。


        需要者にとって、唯一無二の安心な制度です。


        詳細は、後日まとめます。



        | - | 07:10 | - | - | - | - |
        そよ換気と床下エアコン
        0

          そよ換気と床下エアコン

          理屈ではわかるが、本当に上手く機能するのだろうか・・・?

          「そよ風ツアー浜松」で自分のメモより。


          そよ風とは・・・太陽のエネルギーを屋根面で集め、床下におくり家全体を暖房する、家の造り方

          そよ換気とは・・・そよ風を簡略化したもの

          床下エアコンとは・・・床下をエアコンで温める事により、脆弱なそよ換気の暖房能力を補う考え方


          「そよ換気」は、コストが「そよ風」の1/3ほどで、とても魅力的です。

          これをきっかけに、もっともっと普及したらいいな、と考えます。


           
          | - | 22:20 | - | - | - | - |
          3回忌
          0



            2年前の今朝、ピーチが亡くなりました。


            2年。。。不思議ですね、もう5年くらい経っているような感覚です。



            | - | 13:56 | - | - | - | - |
            全国安心工務店。
            0

              出版されました、全国安心工務店



              書店に置かれています。







              全国と書かれていますが、関東版になります



              とうぎ建設は154ページ。







              昨年と少し内容を変えています。



              他にも頑張っている工務店さんが沢山掲載されています。



              参考になるかと思います。
              | - | 09:02 | - | - | - | - |
              BC工房さんのセールです!!
              0


                3/28(土)3/29(日)、BC工房さんでセールを行うそうです。

                とても良質な家具たち。良いものはすぐに売り切れるでしょう。

                一度覗いてみては如何ですか?

                BC工房 横浜店

                http://www.bc-kobo.co.jp/

                近隣には三渓園や

                http://www.sankeien.or.jp/

                根岸森林公園(競馬場跡)

                http://1000enpark.com/park/kanagawa/yoko_naka/negishi.html

                など、天気がよければ散策も・・・!

                松任谷由美の独身時代の曲「海を見ていた午後」に出てくるドルフィンも歩ける範囲です。。。




                | - | 18:12 | - | - | - | - |
                【裸で実験】全身にカイロを貼って初詣に行ったら寒くないのか!? というyoutube
                0


                  https://www.youtube.com/watch?v=TobbmwMd8rc


                  【裸で実験】全身にカイロを貼って初詣に行ったら寒くないのか!? というyoutube


                  初詣なので1月ですね。半ズボンだけで、貼るカイロを直に素肌に貼っています。


                  これで深夜、初詣に出かけるのですが、道々友人に会ったりして


                  この人「一緒に初詣にいこうよ」友人「最悪〜」 笑えました。







                  彼は家から出たとたん、「サムッ 普通にサムッ」といいます。


                  当たり前ですね。


                  ここから本題です。


                  家に置き換えるとどういう事になるかといいますと。


                  貼るカイロは暖房の装置、ストーブ・コタツ・エアコン はたまた 太陽光発電、エネファーム、などなどだと思いませんか。


                  間違った断熱をして、装備・設備が過剰になる。


                  まさに貼るカイロ君になります。


                  僕たちのあるべき姿はやはりこう







                  暖かいジャケットをちゃんと着ようよ、です。


                  ところが家の事になると、わかりずらくなるんですよねー


                  ちゃんと考えましょう!!
                   
                  | - | 11:07 | - | - | - | - |
                  オープンハウスに思う事
                  0
                    先月に伊礼智さんのデザインした家を見に行きました、と書きましたが、その時にメモをしていたものが見つかりましたので記します。

                    ここから

                    こういった同業者のオープンハウスはどうしても細かい所が気になってしまい、大事な所を見落とさないようにしよう、と後から気がついても後の祭りの場合が多い。


                    このツアーは昨年もそうだったが、人が多すぎて我を忘れてしまう。

                    伊礼さんの家の心地よさ、誰からも愛されるデザイン(と多く一般には評価されています)を感じたくても、感じる事ができないのはこの熱気と、一生懸命になっている人たちの無礼さ失礼さぶり(もちろん自分も含む)による困惑と憤り。手袋の着用は義務でしたが、鑑識が入ったら指紋が数十人分取れるのではないかな。内履用スリッパで外に出ている人もいた。もし自分が主催する側だったら、心臓を素手で握られるように苦しいに違いない。
                    色々な意味で、施工者で見学させてくれたヤマイチさんには敬意を表し、見学者としての粗雑さを恥じます。


                    ・・・少し見苦しい事が書いてあるので割愛します

                    綺麗な建物をつくる、という点ではいくつも共通点があり、一致している。ところが世間の評価はそうでなく、私はまだまだ足りていないとなる。有名建築家と地方の一工務店を比べる事自体無理がある。しかし彼が提唱する設計と同じ設計のみが良いのかどうか。勿論違うものがあって当然と考えるし、特に自然もつポテンシャルを引き出すという意味では、視点が違うと思った。目に見えるデザインも変わってくるのは当然でしょう。
                     
                    何をとり得れるか
                    薄屋根、低天井、少照明

                    とメモしていました。

                    がんばろう。


                     
                    | - | 11:06 | - | - | - | - |
                    この業界がいい加減すぎる!
                    0

                      「地の家」の集まりがありました。

                      そこで印象に残った工務店社長の言葉

                      「この業界がいい加減すぎて、会社を立ち上げました。

                      勤めていた頃からこんな事でいいのか、と怒りが収まらなかった」

                      久ぶりに聞きました。

                      以前もよく耳にしていた言葉です。

                      そうです。住宅建築業界は「いい加減な業者」と「まじめな業者」がいます。

                      そして、両者は外からはほとんど見分けがつきません。

                      中で働く人のみぞ知る、なんです。

                      「地の家」工務店の皆さんは、同じ思いで会社を立ち上げた方たちが半数はいらっしゃいます。

                      後は僕のように2代目だったり。

                      仕事をしながら自分を変えていった方もいらっしゃいます。


                      この仲間がいて本当によかった。

                      そう思います。


                       
                      | - | 17:51 | - | - | - | - |